内職 副業 在宅ワークの求人 募集 斡旋はハローワーク 斡旋所を利用したりネットで探すことができます。 内職商法による内職斡旋詐欺などのトラブルは国民生活センターに相談しましょう。

スポンサードリンク

内職 トラブル 国民生活センター



内職詐欺・内職トラブルなどは、主婦の方だけでなく、求職中の男性や若者の間にも広がっています。怪しいな、ひっかかったのではないかなと思われたら、国民生活センターなどの公的機関にまずは通報することが先決です。データ入力の内職詐欺は、電話やチラシ、メールなどで募集してカモを探します。自宅でパソコンデータ入力すれば報酬を得られるなどと上手に誘って、実際は高価なパソコンのローンを組ませて売りつけて、フォローは一切無しという悪質なものです。

内職斡旋を装ったパソコン売りつけ詐欺は、国民生活センターへも多くの相談が来ています。一年間に来た相談件数は、約8000件と急増しているといいます。このような詐欺商法が家内労働法の適用を受ける場合には、労働基準監督署が監督指導を行い、違反があれば是正を促すことになります。また、仕事を提供すると言って勧誘して商品を売る取引は「業務提供誘引販売取引」になります。

2001年6月から特定商取引法の規制対象になりましたが、パソコンの普及とともに相談は急増しています。事例のうち、電話勧誘が契約のきっかけであるものがほとんどを占めています。被害者の8割以上が女性であり、契約金額は50万から100万円が7割を超えるということです。パソコン内職を勧誘する業者、教材を販売する業者、仕事を提供する業者がそれぞれ別々であるという仕組みが作られています。不審に思った消費者が1社に解約を申し出ても、たらい回しされることが多いということですから悪質な詐欺集団です。

国民生活センターでは、業務提供誘引販売取引であれば、契約書を受け取ってから20日間は無条件で解約できると指摘しています。不審に思った場合は、クーリングオフ期間を過ぎても、あきらめずに近くの国民生活センターに相談するよう呼びかけています。また、消費生活センターや各市町村の窓口等でも相談を受け付けていますのでご相談ください。内職詐欺は、年々手口が巧妙になってきているので、相手の説明を鵜呑みにしないで、身近な人に相談するなどして詐欺にひっからないように注意してください。




posted by 内職ハンター at 14:49 | 内職 斡旋

スポンサードリンク

内職 斡旋 詐欺



内職斡旋詐欺は巧妙化していて、手を変え品を変え様々な方法を使い、内職を探している人を騙そうとしかけてきます。内職の求人広告などで内職(家内労働)を募集しているような広告をし、応募してきた人に高価な機械を売りつけたり、有料の講習を受けさせたりします。あるいは出資金等の名目でお金を取ることを目的としていて、ろくに稼ぎにならないような内職を建前だけ斡旋したり、まったく内職の世話などはしない場合もあります。

内職斡旋自体は問題ないので、詐欺かどうかを見分けるのは難しいことです。悪質な内職商法業者になると、誰でも簡単に仕事ができるとか、資格をとれば仕事を紹介する、即収入につながるなどと言葉巧みに勧誘してきます。そのあげく資格をとるのに必要だからといって高額な教材を買わせたり、仕事を紹介するのに必要だといって高額な登録料を請求したりします。

特定商取引法では、内職商法に対し「業務提携誘引販売取引」を定めて対処はしています。内職商法業者が内職や仕事の紹介・斡旋を前提に教材や商品を販売する際には、契約内容を記した書面を交付することが決められています。また、通常の訪問販売や通信販売よりも長い、20日間のクーリングオフ期間を設けています。それでも悪質な内職商法業者になると、法律を承知の上で引っ掛けてきます。内職商法業者は、お客とのトラブルに対応するノウハウも十分持っていますので、万一詐欺に引っ掛かったような時には、個人で対応するよりも消費者センターなどに相談する方が良いでしょう。

なお、すべての内職斡旋業者が悪質であるとは限りませんが、怪しい内職斡旋業者には最初から近づかないことです。内職商法は、お金がない人からお金を毟り取る卑劣な詐欺です。もちろん詐欺をする人間が悪いのはあたりまえです。しかし実際、内職で機材を買わせるということはありえません。内職を始める際には、甘い言葉に騙されないように、良く良く注意して契約してください。


posted by 内職ハンター at 20:46 | 内職 斡旋

スポンサードリンク

内職 商法



内職商法とは、新聞の折り込みやインターネットなどで高収入、誰でもできるなどのうたい文句で内職(在宅ワーク)を売りにした詐欺の一種です。給料が減ったり、在宅で家計の足しにしようと内職を探す主婦や社会人を狙う業者たちが存在します。

内職商法には、内職を始めるには登録料が必要だといって数千円〜数万円程度の金額を請求するものがあります。宛名書き・清書・折鶴・住宅図面トレースなどがポピュラーです。次に数十万円〜百万円のサポート料(実際は商品の契約)が必要なもので、必ずクレジット契約が用意されています。1990年代は、当時あまり普及してなかったパソコンがメインでした。最近では、価格を判断しにくいパソコンソフトが多いようです。アフィリエイトやホームページ作成の在宅ワークをネタに、数十万円〜百万円の教材を販売したりという事例があります

内職商法の手口としては、電話で、「簡単」「高収入約束」などと言った甘い文句で勧誘してきます。「内職をするために必要だから。クレジットでローンを組んでも、月々の収入で十分払っていけるから安心。」などと言いくるめられて高額な機械や材料、チラシなどを売りつけられたり、契約料を支払わせられたりします。実際には、パソコン内職などでは条件や内容が難しすぎて無理だったり、チラシ配り内職では、いくらチラシを配っても注文はなくまったく収入が入らない、売上の数%が入るはずの約束が注文は業者が直接受けるため、本当に注文があったのかなかったのか不明のまま、といった苦情が、全国の消費生活相談窓口に寄せられています。

堅実な内職も沢山あります。しかし、家計を助けようという主婦のやりくりや、不況で収入が減った社会人につけこんだ悪質な内職商法が増加しているのです。このような行為は、業務提供誘引販売取引に該当し書面の交付が義務づけられています。書面を受け取った日から数えて20日間以内であれば、業務提供誘引販売業を行う者に対して、書面により契約の解除(クーリング・オフ)をすることができます。 クーリング・オフを行う際には、後々のトラブルをさけるためにも配達記録郵便、書留、内容証明郵便等で行うことが大切です。


posted by 内職ハンター at 14:39 | 内職 斡旋
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。